プラセンタってどんな物質?

プラセンタは今やアンチエイジング効果のある美容商品として高い人気を誇りますが、そもそもどんな物質であるか、ご存知でしょうか。プラセンタに含まれる栄養素について迫っていきましょう。

 

プラセンタの定義

プラセンタとは胎盤の事を指します。胎盤は赤ちゃんとお母さんをつなぐ大切な部分です。お腹の中で赤ちゃんがすくすくと成長するのは、胎盤を通してお母さんから栄養が送られているためです。逆に赤ちゃんからはいらない老廃物をお母さんへ渡すためにも胎盤がなくてはなりません。(もちろん、栄養と老廃物が混ざらないように関門があり、赤ちゃんは健康に育っていくことができます。)

 

そんな大切な器官である胎盤は、近年さまざまな化粧品業者が扱っており、豚、馬、その他植物性など…様々なうたい文句がきこえてきます。しかし、実際に効果があるのは、同じ哺乳類の胎盤から抽出したものです。同じ哺乳類である馬や豚の胎盤エキスが主に飲み薬や化粧品関係に使用され、もしプラセンタ注射など直接肌に処置を受けたいときには、ヒトの胎盤エキスが用いられたりしています。

 

 

豊富な栄養素が入っている

プラセンタに含まれる栄養素は価値の高いものばかりです。まず代表的なのが、「成長因子」と呼ばれるタンパク質です。これは、細胞が生まれ変わること(新陳代謝)を促すのに非常に役立ち、細胞の増殖や分化を助けます。肝細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、神経細胞成長因子、線維芽細胞増殖因子、インシュリン様成長因子など、どれも少ない量でも効果を発揮することのできる重要なものです。

 

そして「アミノ酸」がプラセンタエキスには20種類含まれています。アミノ酸がタンパク質をつくり、タンパク質は筋肉や血液をつくることができます。いつでも美しくあるためには、良質なタンパク質をつくることをこころがけなければなりません。

 

「ビタミン」「ミネラル」も含まれており、これらは体の調子を整えるためには大変重要な栄養素です。最低限の脂質や糖のほか、「核酸」という遺伝子の修復や代謝に必要なもの、「酵素」という常に体の中を新しく保つための物質もふんだんに含まれています。

 

すべてアンチエイジングのためには欠かせない栄養素ばかりです。すべてプラセンタからしか摂取できない栄養素ではありませんが、成長因子はプラセンタが最も多く含んでいるとされています。大事な栄養をまとめて手軽に摂れることから、いつでも若々しくいたい人にとってプラセンタは人気なのでしょう。