ヒトプラセンタとは

プラセンタとは直訳すると「胎盤」のことで、胎盤とは哺乳類全般で妊娠時に母体と胎児を繋ぐ重要な器官として形成されます。注射やサプリメント、化粧品に利用される「プラセンタ」とはこの胎盤から栄養素を抽出したエキスのことを指します。胎盤には胎児を守り成長させるために必要なあらゆる栄養素が含まれているため、これらのエキスを抽出したプラセンタは究極の美容成分といわれています。
なかでも最も美容効果が高いとされるのが人間の胎盤エキスをもとにした「ヒトプラセンタ」です。ヒューマンプラセンタとも呼ばれており、馬プラセンタや豚プラセンタなどと比べて人間の成長に必要な栄養素が最も含まれているため最も美容効果が高いプラセンタといわれています。
そのためヒトプラセンタは、さまざまな肌トラブルにお悩み方や総合的な美肌対策をお考えの方などに最適な万能美容成分なのです。

 

 

ヒトプラセンタの美容効果

プラセンタには、3大栄養素であるアミノ酸(たんぱく質)、脂質、糖質をはじめビタミン、ミネラル、酵素、核酸、細胞を活性化させる成長因子など生命を維持、成長させるために必要なあらゆる栄養素が豊富に含まれています。
なかでも「ヒトプラセンタ」は、他のプラセンタと比較して人間の胎児を守り育てるための胎盤から抽出したエキスなので、より人間に適した栄養素がバランスよく豊富に含まれ浸透性も高いといわれています。そのため美容面や健康面で絶大な効果を発揮します。
プラセンタは古代より世界各地で美容・健康成分として利用されてきましたが、最近はその効果は科学的に証明されるようになり、その効果の高さからヒトプラセンタは日本では医薬成分に指定され、総合的な美肌成分として美容クリニックなどで行われるプラセンタ注射や点滴などにもヒトプラセンタが利用されるようになりました。

 

ヒトプラセンタの主な効果

美白・美肌効果:新陳代謝を活発にして細胞の再生を促進するため、シミやしわ、たるみ、ニキビなどのあらゆる肌トラブルに効果的とされています。さらに、高い保湿効果により潤いとハリのある健康的な肌を保ちます。また、抗アレルギー、抗炎症作用もあるため、アトピーやアレルギー反応を抑える効果があり、ニキビや赤みなどによる皮膚の炎症を抑える効果もあります。

 

老化防止・健康増進:高い抗酸化作用により老化の原因となる活性酸素の発生を抑制します。さらに免疫力強化や肝機能を強化する効果があるため健康面でも高い効果を発揮します。

 

更年期障害・生理不順の改善:自律神経の乱れを調整し、女性ホルモンを高める作用があるため更年期障害や生理不順に効果があるといわれています。

 

プラセンタの副作用や危険性は?

プラセンタは哺乳類の胎盤エキスなので、感染症などの危険性を心配する方もいますが、胎盤から抽出したエキスは完全に滅菌処理が行われますので一切心配ありません。プラセンタによる感染症などの報告は過去50年間で1件も報告されていません。
また副作用についてもほとんどないといわれています。ごく一部の方に発疹やかゆみなどの拒絶反応を起こす場合がありますが豚プラセンタや馬プラセンタと比べてもヒトプラセンタは人間由来のものであるため拒絶反応が起こる可能性は低くなります。

 

 

各種プラセンタの特徴と違い

プラセンタの中でも最も効果が高いとされているのが人間の胎盤エキスをもとにした「ヒトプラセンタ」です。そのほかにも豚の胎盤エキスをもとにした「豚プラセンタ」や馬の胎盤エキスをもとにした「馬プラセンタ」、羊の胎盤エキスをもとにした「羊プラセンタ」。哺乳類の胎盤ではなく植物の胎座をもとにした「植物性プラセンタ」というのもあります。これら各種プラセンタの特徴や違いについてご説明します。

 

「豚プラセンタ」

豚の胎盤エキスは安く大量に調達することができるため、サプリメントや化粧品に最も利用されているプラセンタです。ただ他のプラセンタと比べて成長因子や栄養素の面で品質が劣るのでその分美容効果も劣ります。

 

「馬プラセンタ」

豚に次いで利用されているのが馬プラセンタ。豚プラセンタよりも豊富な栄養素が含まれており品質面では豚プラセンタよりも高いですが、その分育てるためのコストがかかるため価格が高くなってしまいます。

 

「羊プラセンタ」

人間にもっとも近い組織のプラセンタ。そのため拒絶反応を起こしにくく栄養面でも優秀です。北米やヨーロッパなどでは豚や馬よりも人気のプラセンタですが、日本では狂牛病問題以降、厚生労働省による通達で「反芻動物(牛・羊)」の原料使用に制限がかかったため、日本では羊の胎盤エキスを利用したプラセンタは生産できなくなりました。そのため日本ではほとんど流通していません。

 

「植物性プラセンタ」

植物の胎盤にあたる「胎座」から抽出したエキス。プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスのことなので厳密言えばプラセンタではありません。栄養面をみても成長因子が含まれていないなど他のプラセンタと比べるとその美容効果は著しく劣ります。

 

「ヒトプラセンタ」

プラセンタの中でもっとも栄養価が高く、美容効果が期待できるのが「ヒトプラセンタ」です。その名の通り人間の胎盤から抽出したエキスをもとにしています。ただ日本では、その効果の高さから医薬成分に指定されているため、市販のサプリや化粧品には配合できません。利用する場合は医療機関などでプラセンタ注射や点滴として利用するのが一般的です。

 

 

ヒトプラセンタの利用について

プラセンタの中で最も美容効果が期待できる「ヒトプラセンタ」ですが、日本では医薬成分に指定されているため、市販のサプリや化粧品には利用することができません。そのためヒトプラセンタを利用する場合には美容クリニックや美容皮膚科などの医療機関で注射や点滴として利用するのが一般的です。ただし美容目的の場合、自由診療となるため健康保険は適用されず全額自己負担となります。
プラセンタ注射の場合、各医療機関によって違いはありますが1回2000円〜3000円程度です。週1〜2回程度を目安に5〜10回程度継続することで効果を実感できる場合が多いようです。

 

通常ヒトプラセンタは医療機関などに通うことで利用できますがその場合、時間や費用もかさんでしまいます。そのため、「もっと手軽にお得にヒトプラセンタを利用したい!!」という方のためにおすすめの方法をご紹介します。

 

 

ヒトプラセンタの手軽な利用方法

豚プラセンタや馬プラセンタは、市販のサプリやコスメに配合されているので手軽に利用することが可能です。しかし、ヒトプラセンタは、その効果の高さから日本では医薬成分に指定されているため市販のサプリやコスメには使用できません。ヒトプラセンタを利用したい場合は一般的には医療機関などを利用する必要があり費用も手間もかかってしまいます。

 

しかし海外ではそのような制限はなく、ヒトプラセンタを配合したコスメなどはごく一般的に市販されております。特に人気なのはジェルタイプの「プラセントレックス」という製品で、顔だけでなく全身に使うことができ、子供からお年寄りまでどなたでも利用可能です。使い方も非常に簡単で、自宅に居ながら美容クリニックレベルの美肌対策が行えるため、海外はもとより日本でも愛用者が多い人気製品です。
そして、この人気のヒトプラセンタジェル「プラセントレックス」は、日本でも個人輸入代行サイトなどを利用することで手軽にお得に購入することができるのです。

▼プラセントレックスの使い方
@メイクを落として洗顔をして肌を清潔な状態にします。
Aプラセントレックスを顔全体または肌の気になる部分に塗ります。
B塗布後、肌になじむまで数分待ってから、その後は普段行っているスキンケア行って構いません。

 

ヒトプラセンタジェル「プラセントレックス」をお得に通販するには

人気のヒトプラセンタジェル「プラセントレックス」は、個人輸入代行サイトを利用することで手軽に海外から通販することができますが、個人輸入代行サイトの中には怪しいサイトもあるため購入の際は注意が必要です。
そこで、プラセントレックスを安全に購入するのにおすすめなのが、海外コスメ・医薬品専門の大手個人輸入代行サイトとして20年以上の営業実績がある「オオサカ堂」です。商品は100%正規品保証されており、成分検査も行われています。価格も1個1,822円(為替の関係で若干変動することがあります)と大変お得です。さらに送料も無料なので安心です。究極の美容成分といわれているヒトプラセンタを手軽に利用してみたい方はぜひお試しください。

 

>>人気のヒトプラセンタジェル「プラセントレックス」はこちら